月別: 2018年7月

ポイントためて便利に使える「オリコカードTHE POINT」

ポイント還元率を重視して選んだのがオリコが提供している「オリコカードThe Point」。通常でも0.5%の還元率に加え、オリコモールを介して買い物をするとプラス0.5%~3%程度のインセンティブをもらえます。オリコモールは楽天やAmazonを始めとした大きなショッピングサイトはもちろん、提携していないネットショップがないのではないか、と思うくらい幅広く選択できます。ポイントがたまることに加え、年会費が無料であることも大きなポイントです。また、電子マネー「ID」が使えるので、普段のコンビニやドラックストアのちょっとした買い物でもこまめにポイントを貯めることができ、またキャッシュレスで買い物ができる便利さもあります。

ポイントを集約せよ!クレジットカード活用術

現代生活にかかせない便利なクレジットカード。皆さんは何枚お持ちでしょうか?私は1枚に絞って活用しています。理由はポイントサービスをよりお得に活用していきたいから。分散させてしまうとポイントが薄まってしまいます。各社それぞれ特徴があるので迷ってしまいますが、これだ!と決めた1社に絞ることで集約させる方がお得です。そして月々のスマホ代や公共料金など固定費の支払いもカード経由の支払いにしています。カードを使うほどポイントは溜まりますから、ただ支払うよりも大きなメリットが得られるのです。貯まったポイントは金券交換や各種ショップサイトで使えたり、マイルとして航空代金などに充てることもできます。使えば払うのは当然ですが、その還元で取り戻していく工夫をするとお得感があり楽しいですよ。

イオンカードときめきポイントからのワオンへの道のり

イオンカードで買い物をすると、ときめきポイントが溜まります。ときめきポイントはグッズ交換等にも使えますが、電子マネーのワオンにも交換できます。しかし交換までの道のりが、なかなか簡単とは言えません。まず暮らしのマネーサイトで、溜まったときめきポイントをワオンポイントに移行します。移行したら、店頭に設置してあるワオンステーションやイオン銀行のATMにてダウンロードをします。ダウンロードをして受け取った後、次にポイントチャージが必要です。このポイントチャージをして初めて、電子マネーワオンに交換されます。(初回は1000円以上のチャージも必要です。)なかなか平坦とは言えない電子マネーまでの道のりではありますが、年会費無料でもあるイオンカードは私の一番頼りにしているカードですので、気づくと結構ポイントが溜まってくれていて嬉しいカードです。

学生時代にクレジットカードを作っておくことが大切!

クレジットカードをはじめて作ったのは、大学生のときです。年上の知人や先輩から「一度社会に出てしまうと、クレジットカードの審査が通りづらくなる」「学生時代は審査がゆるいから、クレジットカードを作るなら学生のうちに」という話を聞いたことがきっかけです。当時は、大きな買い物をする機会もなく必要性を感じていなかったのですが、卒業の時期が近づく中でカード作成を決意しました。だからこそ、選んだのは「年会費永年無料」と謳われるらくてん三井住友VISAデビュープラスカード。作成後、年会費がかかる場合、定期的に使用する目処が立っていないとカード作成に踏み切れないものです。年会費無料という言葉は「学生期間を活かしてとりあえずカードを作りたい」という私にとって、非常に魅力的でした。今ではクレジットカードによる買い物も増え、「あのときクレジットカードを作っておいてよかった」と思うばかりです。たまたま、三井住友VISAデビュープラスカード~クレジットカード作り方|初心者におすすめのカードを紹介!の情報を見ておいてよかったと思います。

dカードGOLDは便利

dカードGOLDは、とても利便性の高いクレジットカードです。年会費は1万円かかりますが、dポイントによる還元性が良好であるため、ドコモユーザーには嬉しい面があります。dポイントの還元性は、ドコモ利用額の10%であるため、年会費を超えるdポイントの還元が見込まれます。言い換えれば、年会費1万円を払って1万円を超えるdポイントを取得することと同義です。dポイントは、ドコモの提供するECショップに活用できるだけではなく、マクドナルドやローソン等の店舗での支払いにも使えるため、柔軟に生活における費用に充てることができるのです。生活費を抑えるためにも、ドコモユーザーは特に、dカードGOLDを利用すると良いでしょう。

1枚あると便利な三井住友カード

年会費はゴールドでなくてもかかってしまうので年会費無料のクレジットカードが多い中で割高な気がしてしまいますが、使っていれば年会費をある程度割り引いてくれます。更に付帯保険は国内・海外旅行それぞれ付いていますし、旅行先で買い物した際の買い物補償も付いているので安心感があります。ポイントは0.5%と1%未満ですが専用のショッピングサイト経由で買い物をするとポイントがより貯まりやすくなったり、1ポイント⇒5ポイント分で他のポイントに移行可能なので、貯まりは悪くても気付くとまとまったポイントになります。また三井住友ブランドもありますので、ゴールドでなくてもどこで利用しても恥ずかしくないのは使い勝手が良いです。